日本の車両が世界に流通

バス

浸透性が高値をあらわす

日本のバスは世界で流通しており、先進国から新興国まで日本製のバスを求める市場が拓けています。先進国では新型バスが次々と輸出され、新興国では中古バスの需要が高いです。直接、日本の車両の輸出が許可されている国から、日本からの車両の輸入を禁止している国まで、日本の中古バスが活躍している国は多いです。東南アジア諸国では日本の中古バスが直接輸出可能な国が多く、優良な日本の中古バスの需要が高いです。日本の車両の直接輸入が規制されている第三国にも日本から輸出した国で使用された後、さらに輸出されることがあります。ボディの塗装や日本語の電光掲示板など中古バスは日本で使用されていた状態で海外で使用されます。北朝鮮への中古車の輸出は規制されていますが、現在、北朝鮮国内では日本の中古バスが多く走行しており、社名等がそのままで使用されています。第二国、第三国と流通する中古バスは100万km以上走行しているケースが多く、日本の中古バスの耐久性が高いことを示しています。欧米の車両に比べて日本の車両はエンジンをはじめとしする各構成部品の耐久性が高く、信頼性が高いことから海外市場からの需要が高いです。直接輸入が規制されている第三国でも日本の中古バスが走行しており、この浸透性からも世界での日本車の信頼性の高さが分かります。世界中に浸透した日本の中古バスは中古部品も世界で流通しているため、修理面でもメリットが高いと言えるでしょう。

Copyright© 2018 トラックを高価買取りしてもらおう【複数の業者に査定を依頼】 All Rights Reserved.